日本樹脂施工協同組合 関西支部

日本樹脂施工協同組合はJKセライダー(外壁タイル剥落防止)とJKコート(外壁タイル防水・保護)をおすすめします。

日本樹脂施工協同組合 関西支部 阪神・淡路大震災クラスの震動に耐える、今評判の画期的なタイル落下防止工法 外壁タイル剥落防止工法  JKセライダー
TEL.06-6539-0231 FAX.06-6539-0241
〒550-0013 大阪市西区新町1-32-16 TOPビル401
home
日本樹脂施工協同組合とは
商品案内
施工業者
施工実績
資料請求
お問合せ
組合員専用
外壁タイル剥落防止工法 JKセライダー工法
外壁タイル防水・保護 JKコート
耐震性・複合アンカー樹脂注入工法 JKテラピン


DMをご覧の方 詳細はこちら
HOME HOME HOME HOME HOME HOME HOME HOME


JKセライダー|JKコートJKテラピン


特徴性能標準設計価格施工
JKセライダー工法は、短繊維を混入した特殊アクリル樹脂「JKセライダー」と特殊アンカーピンで、タイル張り外壁を面で補強するタイル落下防止工法です。阪神・淡路大震災クラスの震動にも耐えるばかりでなく、JKセライダーの皮膜は防水性に富み、なお且つ透明ですのでタイル張り外壁の風合いを損なわない画期的工法です。

JKセライダーの特徴
1 優れたタイル落下防止機能

注入口付特殊アンカーピンの強度
特殊アンカーピンは、高いせん断力があります。

特殊アンカーピンのせん断力

アンカー寸法(∅×ℓ) アンカーピン1本のせん断力 N/本(kgf/本)
4.5×55 44.1N/本(441kgf/本)
6.5×65 88.8N/本(888kgf/本)

※アンカーピンのみのせん断力です。
 エポキシ樹脂を注入した場合は、これ以上のせん断力が得られます。
JKセライダーの引っ張り力は2倍、引き裂き強度は7倍
JKセライダーは、短繊維が入っているので、一般の透明となる特殊アクリル樹脂と比べ、引っ張り強度は2倍、引き裂き強度は7倍

JKセライダーの引っ張り強度、引き裂き強度

引っ張り強度 84.4 kgf/cm2
引き裂き強度 55.05 kgf/cm2
目地材を強化
タイル張り仕上げの場合は、一般的にタイルと目地材で相持ちするといわれていますが、その目地材を強固にし、タイル面の耐久性を向上させます。
阪神大震災でも大丈夫【耐震性】
特殊アンカーピンとJKセライダーの組み合わせにより阪神・淡路大震災クラスの震動にもビクともしません
美しさ長持ち【美観性】
特殊アクリル樹脂は“透明塗膜”で、タイル仕上げの高級な風合いを損なうことなく、いつまでも美しく維持することが可能です。
納得の価格設計!【省コスト性】
これまでの無色透明樹脂塗膜工法にくらべ、50%のコストダウンを実現!タイル落下防止工法のなかで、最もコストパフォーマンスに優れています。
組合による10年間保証をお約束【安心性】
JK-セライダー工法の施工個所について、外壁の剥落・落下及びこれに起因して第三者が損害を受けた時等は、保証期間中に限り、日本樹脂施工協同組合が責任をもって補償いたします!
【1事故につき対人・対物賠償3億円】
2 抜群な防水性・遮断性

長期にわたり優れた防水性を発揮、外壁からの雨水を防ぎます。
安定した強靱な皮膚を長期間形成。塩害、凍害、白華などを防ぎます。また皮膜は、遮断性にも優れており、大気中の炭素ガス等の侵入もシャットアウトし、建物の長寿命化に貢献します。

目地も補強、タイル面をまるめてもご覧のとおり→
このページのトップへ

JKセライダーの性能
1 JKセライダーの物性

試験項目 試験結果 試験規格等
低温安定性
異常なし
堅い塊がなく均一になること
JIS A 6909建築用
仕上塗材の
試験方法に準拠
付着強さ
タイル下地
2.0N/㎟
0.7N/㎟
モルタル下地
1.9N/㎟
温冷繰り返し作用に対する抵抗性
異常なし
ひび割れ・ふくれ・はがれ等のないこと
透水性
0.0ml
0.5ml以下
耐衝撃性
異常なし
ひび割れ・はがれ等のないこと
促進耐候性
異常なし
変色・ひび割れ・はがれ等のないこと
強伸度
伸長性
40%
テストスピード200o/min
JIS A 6021建築用
塗膜防水材の
試験方法に準拠
引張強度
13.8N/㎟
テストスピード200o/min
引裂強度
43.3N/o
テストスピード200o/min
面外曲げ
試験
強度
2180N
幅300oの試験体にJKセライダーを塗装し、塗膜面を外側になるように折り曲げ、そのときの最大強度と破断までの変位置を測定した
変位置
14.3o

※特殊アンカーピン・JKセライダーとも(独)都市再生機構が平成23年にまとめた『機材及び工法の品質判定基準(保共仕版)』を満たしています。
1 JKセライダーの耐震性

震動試験結果
(単位:ガル)
  入力加速度 応答加速度
X方向 850 1290
Y方向 540 1340
Z方向 409 1280

※各方向ともテーブルの1.5倍、2.5倍、3.1倍と大きな価を示しているもののタイルは剥落しなかった。
水平加力試験
  無塗布 セライダー塗布
加重 50kN 壁面にひび割れ 壁面にひび割れ
80kN 目地モルタルが
壁面のひび割れ
に沿って剥落
壁面にひび割れ
100kN タイル5枚落下 タイル1枚にひび割れ

※上記データは、日本樹脂施工協同組合が、平成14年度事業の活路開拓事業の一環として工学院大学で行った実験の結果です。
このページのトップへ

JKセライダー標準設計価格
1 仕様

タイル面補強用
JKセライダー2回塗り
トップコート2回塗り
特殊アンカーピン径4.5ミリ、4本/m2
※施工面積100 m2以上。タイルは4-5二丁を基準
2 価格

15,000円/m2
3 内訳明細

  使用量 単 価/m2 金 額 備 考
JKシーラー 0.15kg 4,500/kg 675  
JKセライダー 0.7〜0.8kg 2,900/kg 2,320  
JKトップ 0.3kg 4,800/kg 1,440  
特殊アンカーピン 4本 1,875/本 7,500  
労務費(セライダー手間) 20m2/日 25,000/日 1,250  
養生費 一式   200  
消耗品費 一式   250  
諸経費     1,365  
合 計     15,000  

注)上記金額単価は直接工事費のみで、仮設費、出張旅費は含まれません。
注)タイルの種類によりましては、UPすることがあります。
注)外壁タイルのひび割れ等の補修、浮き部の注入は別途。
注)外壁タイルの洗浄については、タイルの汚れ状況で単価が変動します。
注)吊り足場ゴンドラ作業では、20〜30%UP致します。
注)消費税は別途となります。
このページのトップへ

JK-セラーダーの施工

1 作業手順



2 施工図


下地ごしらえ
  1. 下地の欠損、モルタルの浮きは、事前に補修してください。
  2. 汚れや、表面付着異物は、水洗い及びケレン具を併用して除去して下さい。
  3. 水洗い、または降雨の下地は十分に乾燥させて下さい。
施工時の気象条件
次のような条件の時は施工を避けてください。
  1. 気温5℃以下、湿度85%RH以上の時。
  2. 施工時、及び改修仕上げ材の乾燥硬化過程で降雨のある場合、または、予想される場合。
  3. 結露・霧・雪・霜等水分の影響が施工時前後で予想される場合。
    ※夏期の施工は、直射日光を避けて塗り継ぎムラのないように注意してください。
施工上の注意事項
  1. 材料を取り扱う場合、手袋、マスク等の保護具を使用し、安全に留意して作業を行って下さい。
  2. 密閉した場所では換気を十分に行ってください。
  3. 皮膚に触れた場合は、石鹸を使って洗い流して下さい。目に入った場合は、水道水で15分以上洗い、医師の診断を受けてください。材料は、直射日光、降雨を避けて、室内冷暗所に保管して下さい。
  4. 可燃性のため、火気のそばには保管しないで下さい。
  5. 水に濡れた面には、絶対に塗布しないで下さい。
  6. 撹拌後、吹付け機器、ローラー等は施工部位等を考慮して、適切なものを使用して下さい。
  7. 塗布後24時間は水がかからないように養生して下さい。
  8. この製品を取り扱う前に、必ずデータシートをお読み下さい。
このページのトップへ


資料請求はこちら JKセライダー|JKコートJKテラピン



Copyright (C) 2005-2008 日本樹脂施工協同組合関西支部 All Rights reserved.
Produce by 株式会社サードアイ
DMをご覧の方 詳細はこちら HOME